おでかけ観光ガイド(日本の旅ドットコム)TOP 東海地方 静岡県 伊豆エリア


下田おでかけ観光ガイド




寝姿山
ロープウェイで絶景の花公園
 伊豆急下田駅からすぐ乗場がある下田ロープウェイが便利。
 下田中心街の東側にそびえ標高200m。山並みが女性の寝姿に似ていることからこう呼ばれる。幕末に黒船の見張所が置かれていた。
 山上は桜など花木の多い山頂花公園。法隆寺の夢殿を再現した縁結びの愛染堂や、日本で初めて写真館を開いた下岡蓮杖の蓮杖写真記念館などがある。
下田ロープウェイHPへ
下田ロープウェイおでかけ観光ガイドへ


ペリーロード
ペリーが日米交渉で進んだ道
 平滑川沿い約700mに石畳の道や柳並木が整備され、かつての遊郭やナマコ壁、伊豆石造り家屋などが並ぶ。ギャラリーや雑貨店、飲食店などに活用され、個性ある店舗も魅力。レトロでおしゃれ、了仙寺や下田公園などを巡る散策コースとしても人気。
 ペリーは了仙寺で日米下田条約を締結。下田は国内で初めて外国人が自由に歩ける町となった。
ペリーロード(了仙寺HP)へ
了仙寺 りょうせんじ
日米下田条約が締結された寺
 幕末の1854(嘉永7)年にペリーと幕府の間で日米下田条約が締結された市街地南に位置する寺。開国殿とも呼ばれる。国の史跡。
 境内には、開国に関する貴重な映像資料の原本を見ることができる了仙寺宝物館がある。
 また、ジャスミンの寺としても知られ、5月にはアメリカンジャスミンの花が咲いて、強い香りを放たれる。
了仙寺HPへ


ペリー艦隊
来航記念碑
 幕末の1854(嘉永7)年にペリー艦隊が入港した上陸記念の地。
 ペリー艦隊の乗組員が上陸した場所で、記念の地として、ペリー提督の胸像とアメリカ海軍寄贈の錨が設置されている。
 ペリーロードの海側起点。


下田公園
国内有数のアジサイ名所
 下田港を望む丘で、かつては水軍根拠地として鵜嶋城があった。天守台跡や空掘が残り、城山公園とも呼ばれている。開国広場には開国記念碑があり、5月第3土曜には黒船祭が開催される。ツツジやフジ、アジサイ、椿が咲く花の名所として知られ、特に6月に咲くアジサイは約300万輪を誇る。アジサイ祭りも開催され、下田太鼓の実演などの催しもあって賑わう。
竜宮窟 りゅうぐうくつ
天窓もある別世界の海蝕洞
 波の浸食作用で形成された洞窟。車道から階段を下って洞窟を抜けると不思議な空間。洞穴の向こうに水平線、見上げると空が見える。時間により太陽の光が差し込む。波の音とともに幻想的な雰囲気。磯遊びも楽しい。
 上部を一周する遊歩道からは、洞内を上から覗き込め、伊豆七島が浮かぶ海の景色も楽しめる。

田牛サンドスキー
とうじさんどすきー
自然の砂斜面を滑る楽しさ
 海からの強風で形成された砂の斜面。傾斜約30度で長さ50m程。サンドスキーやソリ滑を年中楽しめる。
 目の前には青い海と須崎半島、神子元島、伊豆七島など美しい風景。 近くの民宿でソリの貸出(有料)がある。竜宮公園付近にはハマユウが自生、隣接して海蝕洞・竜宮窟がある。


下田海中水族館
イルカと身近にふれあえる
 和歌の浦のきれいな海を利用した水族館。
 海の生物館シーパレスでは深度様々な伊豆の海に生きる生物を観察でき、アザラシ館やペンギンプール、カメ池などが並ぶ。海に浮かぶアクアドームペリー号には伊豆の海の再現がテーマの大水槽があり、サメやエイなどが泳いでいる。
 イルカとふれあえるドルフィンコンタクトが人気。
下田海中水族館HPへ


道の駅
開国下田みなと
 南伊豆地域の情報拠点。特産品ショッピングや食事を楽しめる。
 ハーバーミュージアムでは、下田の歴史や自然を映像や復元模型で知ることができる。
 展望テラスからはすぐ横に広がる下田湾の風景を眺めることができる。
道の駅 開国下田みなとHPへ


下田港遊覧
再現された黒船で風景満喫
 黒船を再現した黒船サスケハナ号で遊覧。1周約20分のコースで海上から下田の街や寝姿山などの風景を楽しめる。ペリー艦隊投錨の地の案内もある。
 冬から春には、黒船の後ろをついてくるカモメへ餌付けチャンス。
下田港湾めぐり(伊豆クルーズHP)へ
爪木崎 つめきざき
水仙とアロエの花競演
 須崎半島の東南端。岬には白亜の爪木崎灯台が立ち、俵磯と呼ばれる柱状節理の断崖も見事。沖合には爪木島、川越島などの岩礁をはじめ遠く伊豆七島が浮かぶ。12月下旬から1月下旬に水仙、6〜8月にハマユウ、11月に黄色いツワブキの花が咲く。
 12月20日から1月31日頃に水仙まつりが開催される。
爪木崎おでかけ観光ガイドへ


白浜のアロエ
海岸に咲く赤いキダチアロエ
 白浜一色の海岸には、例年11月下旬から1月中旬にかけてキダチアロエの赤い花が咲く。アロエは薬用として重宝されている。
 開花時期には、特設会場はでき、アロエ茶などのサービスやが行なわれ、アロエ製品など特産品が販売される。


白濱神社
伊豆最古の宮 青桐の北限
 約2400年の歴史。三島大明神の妻・イコナヒメノミコトが主祭神。
かつて、源頼朝が参拝、北条早雲も信仰した。
 古来、縁結びの神として信仰され、西城秀樹など著名人も式を挙げている。
 境内にはアオギリビャクシンなどの暖地性植物が繁茂。参道の左手に御神木・白龍の柏槙がある。
 神社の裏側は白浜海岸。海岸の巨岩上に朱色の鳥居がある。













おでかけ観光ガイド(日本の旅ドットコム)TOP 東海地方 静岡県 伊豆エリア