おでかけ観光ガイド(日本の旅ドットコム)TOP 関東地方

東京都おでかけ観光ガイド
写真バナークリックしてくださいね 2018.12.9更新

戦国時代からの歴史 元祖フリーマーケット「世田谷ボロ市」東京都世田谷区
神宮外苑いちょう並木 渋谷川イルミネーション

都区内エリア 杉並区 世田谷区

國學院大學神殿




ここから下は旧データです。只今、リニューアルを進めています。
東京スカイツリー
高さ634m 世界一高いタワー
 2012年に竣工した世界一高いタワー。高さ350mの第一展望台と高さ450mの第2展望台があり、第2展望台にはチューブ型でガラス張りの約110mスロープとなっている天望回廊がある。
 ツリーを含む施設全体は東京スカイツリータウンで、ショッピングなど様々な楽しみがある。
東京スカイツリーHP

江戸東京博物館
江戸から東京へ、大型模型などの展示
 高さ62m、高床式の大きな建物。両国駅から高架でエントランスへつながっている。常設展示室は、江戸、東京、通史の3ゾーン構成。日本橋を渡ると、棟割長屋、中村座、朝野新聞社など実物大の大型模型などが並んでいる。浮世絵や絵巻、古地図など展示内容はとても充実。
江戸東京博物館HP

向島百花園
文化の香り高き江戸時代の名園
 町民文化が開花した文化・文政期(1804〜30年)に、文化人達によって造られた。庶民的で文人趣味が香り、芭蕉句碑などの碑が立つ。面積約1ha、四季折々の植物でいっぱいで、萩のトンネルが知られている。国の名勝、史跡。
向島百花園(東京都公園協会HP)

浅草寺
浅草の観音様 都内最古の寺
 628(推古天皇36)年に聖観世音菩薩像を奉安し小堂を建てたのがはじまりとされる古刹。江戸時代には徳川家康が幕府の祈願所に指定、下町文化の中心的存在となった。戦災で多くの堂宇を失い、戦後に本堂雷門五重塔宝蔵門が再建された。本堂外陣の天井絵なども見ごたえがある。
浅草寺HP

上野恩賜公園
優れた施設が集まる国内代表的公園
 徳川家光の命で天海僧正が建立した寛永寺跡で、1873(明治6)年に芝、浅草、深川、飛鳥山と共に指定された日本の公園第1号
 正面入口には西郷隆盛像があり、恩賜上野動物園は国内の代表的動物園として人気。不忍池に浮かぶ不忍弁天堂旧寛永寺五重塔上野東照宮などの文化財や、東京国立博物館国立科学博物館国立西洋美術館など優れた施設が揃っている。日本のさくら名所百選。
上野恩賜公園HP
 

アメ屋横丁
威勢のいい声が飛び交う市場
 上野駅と御徒町駅の間のガード下とその西側に続くショッピング街。終戦後に飴が売られたことが名の由来とされる。食料品や衣類、スポーツ用品、皮製品、宝石など様々な店が並び、安さや特有の雰囲気が人気。年末の人出は風物詩ともいえる。
上野アメ横HP

柴又帝釈天(題経寺)
映画「男はつらいよ」で知られる古刹
 寛永年間(1624〜44年)創建。日蓮上人自刻の帝釈天板本尊を祀るのが名の由来。
 精巧な彫刻でも知られる帝釈堂をはじめ、祖師堂開山堂鐘楼などが並び、大客殿回遊式の庭園・邃渓園も見応えがある。
 庚申の日・年6回の縁日は特に賑わう。門前には、草だんごや塩せんべい、はじき猿などを売る店が並ぶ。
柴又帝釈天HP

矢切の渡し
江戸時代から続く渡し舟
 江戸川唯一の渡し舟。矢切と柴又を結ぶ。江戸時代の初期に、江戸川の両側に田を持つ農民が関所を通らずに往来したことが始まり。伊藤左千夫の小説「野菊の墓」や同名の歌謡曲がヒットし有名に。
 対岸まで約150m。手漕ぎの舟とヒバリやユリカモメの声などは、柴又帝釈天と共に、残したい日本の音風景100選。
矢切りの渡し(かつしかまるごとガイド)

都電荒川線
都心を走る風情あふれる路面電車
 三ノ輪橋〜早稲田間を走る風情ある12.2kmの鉄道。開業は1911(明治44)年。専用軌道が多かった理由もあり唯一残った路面電車。道路併用軌道は1.6km。都心ながら風情ある風景としても愛されている。
都電荒川線HP

旧古河庭園
大正初期の原型が残る庭園
  明治の政治家・陸奥宗光の別邸で、次男が古河財閥の養子になり古河家となった。当時の建物は現存しないが、1917(大正6)年築の洋館が建つ。斜面にはバラなどが美しい洋風庭園、下には心字池や大滝、茶室などのある日本庭園が広がる。和洋の良さが調和し変化に富んだ庭園だ。国の名勝。
旧古河庭園(東京都公園協会HP)


六義園 りくぎえん
江戸時代の回遊式築山泉水庭園
 1695(元禄8)年に5代将軍・綱吉の側用人・柳沢吉保の下屋敷と共に造園。江戸初期の桂離宮の庭園の様式を採用した回遊式築山泉水庭園で、江戸大名庭園の代表的なもの。中之島が浮かぶ大泉水を樹林が囲み、紀州・和歌の浦や和歌に出てくる景観が八十八境として取り入れられている。小石川後楽園とともに江戸の二大庭園に数えられた。国の特別名勝。
六義園(東京都公園協会HP)

小石川後楽園
水戸徳川家ゆかりの回遊式庭園
 東京ドームの西に隣接。江戸時代水戸徳川家の屋敷で、庭園は徳川頼房が築造し、光圀の時代に完成。蓬莱島と徳大寺石を配した大泉水を中心に、寝覚ノ床や木曽山、渡月橋、通天橋など、日本や中国の名称を模した岩や橋が配されている。また、ウメサクラツツジハナショウブなどが四季を彩る。国の特別名勝・特別史跡。
小石川後楽園(東京都公園協会HP

皇居外苑
二重橋や楠木正成の銅像など
 江戸時代には重臣達の邸宅が置かれていた場所。
 芝生とクロマツが印象的で美しく整備されている。皇居前広場の皇居正門には二重橋がかかり、その奥には伏見櫓が見える。また、馬場先門の近くには楠木正成の銅像が立つ。広場の北側には皇太子殿下御成婚記念大噴水が、南側には桜田門がある。
皇居外苑(国民公園協会HP)

国会議事堂
白亜の建築 日本の最高立法府
 花崗岩や大理石が使われ、中央塔の高さは65.5m。1936年(昭和11)年に完成した。
 正面から左側が衆議院、右側が参議院。正面玄関内には、伊藤博文大隈重信板垣退助銅像がある。
 議場中央広間御休所などは予約なしで見学可。周辺にある憲政会館国会前庭の和式・洋式庭園なども見学できる。参議院は平日の議会開催以外は見学可。
衆議院 参議院国会体験・見学

靖国神社
戦没者の霊が祀られる神社
 1869年(明治2)年創建、幕末から第2次世界大戦まで戦没者約250万人の霊が祀られている。神明造の本殿や寝殿造の拝殿、戦没者の名などが記された霊じ簿奉安殿宝物遺品館などが並び、参道には大鳥居大村益次郎の銅像が立つ。1,000本以上のも見事。遊就館では神社の宝物や御祭神の遺品などが展示されている
靖国神社HP

東京駅 赤レンガ駅舎
国内を代表する赤レンガ駅舎
 八角形ドームをのせたルネッサンス様式の駅舎。日本銀行も手がけた辰野金吾博士の設計で1914(大正3)年に建てられた。皇居の正面にあたる。
 東京大空襲で焼失、1947(昭和22)年に再建。2012(平成24)年には赤レンガ駅舎の復原が完了した。国の重要文化財。
Tokyo Station City HP

秋葉原
電気店や多様な文化 人気は国際的
 戦後の露天商で真空管や組み立てラジオが売れたことから電器商が増え、電化の進歩と共に発展してきた。多様なカルチャー発信地としても、国内はもちろん外国人観光客にも人気。
秋葉原電気振興会HP

神田古書店街
世界最大級の本の街
 130年以上の歴史があり、周辺の学生街と共に発展した。古本屋をはじめ様々な分野の書物が集まっており、店ごとに特徴があるのも魅力。雰囲気のいい喫茶店も結構多い。10月下旬から11月上旬に「神田古本まつり」が開催される。
BOOK TOWN じんぼう HP

ニコライ堂
国内最大の正教会の大聖堂名
 日本ハリスト正教会の聖堂で、御茶ノ水駅の南にある。中央ドームは高さ38m。ギリシャカトリックの大主教・ニコライにより1891(明治24)年に竣工、関東大震災後に修復された。内部見学はできない。国の重要文化財。

銀座
400年の歴史に磨かれる繁華街
 江戸幕府が1612(慶長17)年に銀貨鋳造所を置いたことが地名の由来。1872(明治5)年の大火がきっかけで、西洋風煉瓦造りの街へと生まれ変わり、全国繁華街の代名詞にもなった。銀座1丁目には煉瓦銀座之碑が残る。銀座通りを中心に、デパートや高級洋品・貴金属などの専門店やレストランなどが集まっている。
銀座HP

浜離宮恩賜庭園
将軍家別邸跡、江戸時代の大名庭園
隅田川河口にあたり、大名庭園が中心の南庭と、明治時代以降に造園された北庭で構成される。1654年(承応3)年に4代将軍家綱の弟・松平綱重が別邸を建て、その後に将軍家別邸となった。潮入の池には実際に海水が出入りする。この池に浮かぶ中島の御茶屋では抹茶を味わえる。国の特別名勝・特別史跡。
浜離宮恩賜庭園(東京都公園協会HP)

東京タワー
高さ333m 国内2番目に高い建物
 1958(昭和39)年に完成。地上150mに大展望台、250mに特別展望台がある。特別展望台からは快晴の日なら、東京の街はもちろん、富士山から南アルプス、房総半島、筑波山までを見渡すことができる。鉄塔下のフットタウンには水族館などの施設が集まっている。
東京タワーHP

レインボーブリッジ
ベイサイドの眺めが抜群
 芝浦ICと有明ICを結ぶ高速11号台場線に架かる。また、新交通システム・ゆりかもめの軌道も併設されている。橋からは、東京湾やベイサイドの高層ビル群がぎっしり並ぶ様が見える。夜は橋がライトアップされる。遊歩道や展望室のレインボーラウンジもある。
レインボーブリッジ(首都高HP)

台場公園
異国船対策の砲台跡 史跡公園
 ペリー来航後に異国船に備えた砲台跡地。1854(安政元)年竣工、1928(昭和3)年開放。
 約160m四方の正方形で周辺は石垣。現在は陸続きでお台場海浜公園から歩いて渡れ、砲台跡陣屋跡火薬庫跡船着場跡などが確認できる。レインボーブリッジやビル群など周辺のロケーションが広がる。国の史跡。
台場公園(東京港埠頭HP)

葛西臨海水族園
迫力あるマグロの大群泳
 葛西臨海公園内にあり、巨大なガラスのドームが印象的な建物。館内では、太平洋、インド洋、北極・南極、東京湾などエリア別に約540種の海洋生物を見ることができる。中でも、マグロの大群泳は大迫力。ガイドツアーや週末に水槽の裏側を学べる裏ガイドツアーも。
葛西臨海水族園HP

新宿副都心高層ビル街
都庁など高さ200m前後のビルが林立
 もとは淀橋浄水場だったが、1971(昭和46)年に竣工した47階建て京王プラザビルを皮切りに高層ビルが次々と建った。
 東京都庁第一本庁舎が243mで最も高く、NTTドコモ代々木ビル新宿パークタワー東京オペラシティなど高さ200m前後の高層ビルが林立する。無料の展望台があるビルが多く、それぞれの角度から街の風景を楽しめる。
都庁HP
新宿
国内屈指のショッピング街、歓楽街
 新宿駅東口からは、新宿通沿いにデパートや商店が並び、歌舞伎町には飲食店がひしめき、劇場や映画館も。そして、西口方面は高層ビルが林立している。南口には、タカシマヤタイムズスクェアや小田急サザンタワー、新宿サザンテラスなど大型店舗が目立つ。

新宿御苑
花が美しい大都会の国民公園
 信州高遠藩主・内藤家の下屋敷が、1879(明治12)年に新宿植物御苑となり、戦後一般公開された。58.3haの広さで、ユリノキプラタナスの巨樹など約2万本もの樹木が茂る。フランス庭園イギリス庭園日本庭園の良さが巧みに生かされ、熱帯・亜熱帯植物が茂る大温室もある。また、皇室の伝統・菊栽培が継がれ、秋の菊花壇は人気が高い。日本のさくら名所百選。
新宿御苑HP

明治神宮
明治天皇と昭憲皇太后を祀る
 1920(大正9)年創建。国民からの献木による広大な代々木の杜に鎮座。空襲で主要建物が焼失、1958(昭和33)年に現在の社殿が再建された。
 神宮社殿がある神域が内苑、流造の本殿神楽殿宝物殿などの社殿が立つ。大鳥居は高さが12mで木造の明神鳥居としては国内最大。6月に美しい花が咲く菖蒲田も。家内安全や学業成就などにご利益があり多くの参拝者が訪れる。初詣の参拝者数は日本一。
明治神宮HP

原宿
外国文化が刺激したファッションの発信地
 JR原宿駅の東側、竹下通りをはじめ表参道明治通りなどにおしゃれな店が集まっている。
 戦後、現在の代々木公園にできたアメリカ軍宿舎や東京オリンピック選手村の影響で、外国文化に洗礼された街となった。ファッション雑誌が誕生した1970年代からは全国で有名に。
原宿竹下通りHP

渋谷
常に新しい文化を生み出す街
  JR、私鉄、地下鉄が集まる渋谷駅を中心に、デパートや各種ショップ、映画館、レストランなどがぎっしりと並ぶ。待ち合わせ場所として利用される駅前の「忠犬ハチ公」銅像が有名。周辺には道玄坂宮益坂などの坂道が続く。1980年代後半ぐらいからファッションの街として注目を集め、若者を中心にこの街で生まれる流行「渋谷カルチャー」は常に注目されている。

池袋
サンシャインシティなどのある副都心
 山手線沿線の繁華街で、副都心のひとつ。鉄道路線が集まり、百貨店や専門店、繁華街など賑やかな街を形成している。周辺には大学や文化財も点在。街の各所にいけふくろうの像を見かける。
 サンシャインシティは大型レジャー・商業施設で、最上部は高さ240m。サンシャイン60展望台サンシャイン国際水族館など、様々な施設が集まっている。
サンシャインシティHP
ナムコ・ナンジャタウンHP

高岩寺(とげぬき地蔵尊)
病のとげを抜くと親しまれるお寺
 おばあちゃんの原宿と呼ばれる巣鴨地蔵通り沿い。本尊は「とげぬき地蔵」延命地蔵菩薩で、病のとげを抜くご利益があるとされる。高岩寺 とげぬき地蔵尊また、本堂横の観音菩薩像「洗い観音」は、自分が治したい部分と同じところを白い布で洗うと病が治るといわれる。毎月4のつく日は縁日で特に賑わう。
高岩寺(巣鴨巣鴨地蔵通り商店街HP)

 羽田空港
羽田空港ターミナル BIG BIRD HP

洗足池公園 せんぞくいけこうえん
洗足池を中心に名所や史跡
 洗足池は約4haの湧水池。日蓮が池で足を洗った時に袈裟をかけたとされる松が現在3代目の袈裟掛けの松
 池ではボート遊びができ、周囲はの名所。池月橋をはじめ散策路も整備されている。水生植物園や児童遊園、勝海舟の墓所、西郷隆盛留魂碑などがある。
洗足池公園(大田区HP)

玉電(東急世田谷線)
のんびりごとごと走る路面電車
 三軒茶屋〜下高井戸間5.0kmを走る路面電車で、全線が専用軌道を走る。車両は全て違うカラーで、見るのも楽しい。元々は渋谷〜二子玉川園〜砧本村間を走る「玉電」こと東急玉川線の支線だったが、1969(昭和44)年の同線廃止で、現在はこの区間のみ存続している。


大宮八幡宮
緑豊かな名刹「東京のへそ」
 安産祈願、厄除け詣りなど長年信仰されてきた。東京の中心にあたり「東京のへそ」とも呼ばれる。多摩清水社からは御神水が湧出、東京の名水に数えられている。
 毎年9月15日前後の秋の大祭では、附属幼稚園児達による稚児踊りや方南エイサー踊りの奉納が行われる。
大宮八幡宮HP




ここから下は旧データです。只今、リニューアルを進めています。

   
【 井の頭恩賜公園 】 東京都武蔵野市
1917(大正6)年に開設された日本最初の郊外公園。池と雑木林が広がる38万平方mの広い敷地。園内は、井の頭池と周辺、自然文化園のある御殿山、運動施設などの西園、第二公園の4エリアで構成されている。井の頭池は江戸に引かれた水道・神田上水の源でもあった。繁華街に隣接するのに自然が残るのが魅力。春は桜の花に美しく彩られる。日本のさくら名所百選。
リンク  井の頭自然文化園   武蔵野市 
【 三鷹の森ジブリ美術館 】 東京都三鷹市
三鷹市立アニメーション美術館。ハウルの動く城、千と千尋の神隠し、となりのトトロなどで知られるスタジオジブリの宮崎駿監督が館主。子供が自由に楽しめる美術館を目指して造られた。スタジオジブリのアニメ映画資料を展示、制作スタジオの一角を再現されたコーナーやオリジナル短編映画の上映など楽しい内容。ネコバスの大きな縫いぐるみなどで子供が自由に遊べるコーナーも。
リンク  三鷹の森ジブリ美術館  三鷹市  
【 小金井公園 】 東京都小金井市
桜などの花名所、雑木林が残る広い都立公園
玉川上水近く、武蔵野の面影を残す雑木林が残り芝生や花園が広がる。面積は約77haあり都立公園で最大級。SL展示場やわんぱく広場、サイクリングコース、スポーツ施設など、そして一角には江戸東京たてもの園がある。桜や梅、ハナミズキなど四季の花々が美しい。江戸時代に玉川上水沿いに植えられた小金井桜を含む約1800本の桜シーズンは特に賑わう。日本のさくら名所百選。
リンク  小金井公園  小金井市  
【 江戸東京たてもの園 】 東京都小金井市
都立小金井公園内にある野外博物館
約7haの園内に、文化的価値のある建物が移築復元されている。展示されているのは茅葺きの民家や下町の商店など江戸時代から昭和初期までの27棟で、田園調布の家・大川邸や子宝の湯など。正面出入り口にあるビジターセンターは、歴史的建造物・旧光華殿を改修したもので、展示や図書コーナー、ミュージアムショップなどがある。
リンク  江戸東京たてもの園  小金井市  
【 お鷹の道・真姿の池湧水群 】 東京都国分寺市
野川の源流部で、武蔵野段丘崖・国分寺崖線の下にあたる部分に点在する湧水群。真姿の池近くの鷹狩の道は、江戸時代将軍家など狩りの道として名づけられた歴史があり、現在は敷石が敷かれた約400mの小径が雑木林や竹林などが茂る中で清流沿いに続いている。まさに都会のオアシス。全国名水百選。
リンク  国分寺市  
【 国営昭和記念公園 】 東京都立川市
都心部からも便利な180haにも及ぶ広大な公園
こ昭和天皇在位50年記念事業で立川基地跡に整備された。広大な公園の各所では季節の花が咲く。施設展示、水、広場、森の4ゾーンに区分され、水鳥の池や花木園、トンボの湿地、日本庭園、こどもの森、レインボープールなど、様々な施設が揃っている。
リンク  国営昭和記念公園  立川市  立川観光協会
【 吉野梅郷 】 東京都青梅市
東京周辺で最大級の約2万5千本に及ぶ梅の花園
JR青梅線日向和田駅から二俣尾駅付近の多摩川南側に約4kmにわたって、梅の公園などの梅園が点在。小高い丘に白、紅、ピンクなどの梅が咲き、上部から見下ろすと特に見事。梅花園にある樹齢約400年の鎌倉梅など古木も多く、各梅園をぜひ巡ってみたい。吉川英治記念館などの施設も。見頃は2月下旬から3月。
リンク   青梅市  青梅市観光協会
【 青梅宿 】 東京都青梅市
懐かしい映画看板に出会える街並が人気。かつては、現在の新宿と甲府を結んでいた青梅街道の宿場町で、商店は大正や昭和初期の創業が多い。そこに、地域をあげて数多くの邦画・洋画の映画看板が掲げられ、ノスタルジックな雰囲気に。JR青梅駅にも演出があり楽しませてくれる。当時の生活雑貨を集めた昭和レトロ商品博物館青梅赤塚不二夫会館などの見どころが点在。また、映画看板を増やすきっかけとなった青梅宿アートフェスティバルが11月に開催される。
リンク  青梅市   青梅市観光協会
【 青梅鉄道公園 】 東京都青梅市
鉄道開通90周年を記念し1962(昭和37)年に旧国鉄によって開園された。園内にはD51など10両のSLや新幹線・ひかり号など実物車両が展示保存されている。車両内には自由に入ることができる。また、記念館には鉄道の歴史資料などが展示され、ミニチュア列車が走る模型鉄道パノラマが見られる。子供が乗れるミニSL弁慶号など実際に動く乗り物や遊具類も。
リンク  青梅鉄道公園  青梅市   青梅市観光協会
【 御岳山 】みたけさん 東京都青梅市
武蔵御嶽神社が鎮座する古くからの霊山
関東平野を見渡せる標高929mの山で、山頂には関東有数の霊場として信仰を集める武蔵御嶽神社が鎮座する。ケーブルカーとリフトを乗り継いで山頂近くまで楽々登山。登山道でのハイキングも楽しい。頂上付近からは天気に恵まれると、都心のビル群や遠く横浜ランドマークタワー、房総半島、筑波山などまで視界が広がる。
リンク   御岳登山鉄道  御岳山観光協会  青梅市  青梅市観光協会
【 御岳渓谷 】みたけけいこく 東京都青梅市
巨岩を縫うように白波をたてる多摩川の流れが美しい。都心からでも電車で約1時間半の別天地。秩父多摩甲斐国立公園。新緑、紅葉をはじめ四季折々の景観を楽しめるよう、渓谷の両岸に約4kmの遊歩道が整備されている。また、カヌーのメッカとしても知られ、ウォータースポーツを楽しむ若者が集まる。玉堂美術館をはじめとする美術館や記念館が点在。全国名水百選。
リンク   青梅市  青梅市観光協会
【 深大寺 】じんだいじ 東京都調布市
湧水も多い武蔵野の雑木林につつまれて立つ古刹
733(天平5)年の開基で、都内では浅草寺に次ぐ長い歴史を持つ古刹。中世には関東一の密教道場、江戸時代は幕府の保護で栄えたが、2度の火災で縮小した。本堂、元三大師堂、深沙大王堂などの伽藍が並ぶ。境内には湧水も見られ、松やケヤキなどの雑木林におおわれ武蔵野の面影を残している。深大寺そばが名物。だるま市や植木市などの魅力も。釈迦如来座像は重要文化財。
リンク   調布市  調布市観光協会
【 神代植物公園 】じんだいしょくぶつこうえん 東京都調布市
武蔵野の面影を残し季節の花や植物が美しい
深大寺の北側に隣接し、武蔵野の雑木林を残しながら約4500種、約10万本の草木が植えられている。園内はバラ園、ツツジ園、ウメ園など30ブロックに分かれ、見どころ豊富。中でも、5月下旬頃と10月中旬頃に花が咲くバラ園が人気で、多くの人が訪れる。また、珍しい熱帯の植物が集められた大温室などの施設もある。
リンク  神代植物公園  調布市観光協会
【 大国魂神社 】おおくにたまじんじゃ 東京都府中市
創建は111(景行天皇41)年といわれる古社
大化の改新後、武蔵国の総社斎場となり、武蔵国内の六所の宮を合祀して六所宮と呼ばれるようになった。1871(明治4)年には武蔵総社大国魂神社と元の社号に戻った。本殿は寛永年間(1661〜73年)の造営。5月3〜5日には、八基の華麗な神輿と日本一の大太鼓が繰り出すくらやみ祭りが開かれる。また、境内から京王線や国道19号方面へ、けやき並木が続いている。
リンク  府中市   府中市観光協会 
【 多摩動物公園 】 東京都日野市
ライオンバスやコアラが人気の広大な動物園
丘陵地に広がり面積は52.3ha、アフリカ園、アジア園、オーストラリア園、昆虫園で構成されている。アフリカ園でライオンを真近で見る「ライオンバス」や、オーストラリア園のコアラなどが人気。園内で一番広いアジア園には国内から熱帯まで幅広いアジアの動物に会える。昆虫園には蝶や昆虫を年中飼育する大温室などを備えた昆虫生態館や昆虫園本館がある。
リンク  多摩動物公園  日野市  日野市観光協会
【 高幡不動尊(金剛寺) 】たかはたふどうそん 東京都日野市
関東三不動にも数えられた関東屈指の古刹
関東三不動の一つに挙げられ、交通安全の不動尊。平安時代初期に慈覚大師・円仁が、清和天皇の勅願によって山中に不動堂を建立し、不動明王をご安置したのに始まる。大風で堂宇が倒壊の後、1342(康永元)年に現在の不動堂(国重文)が建てられた。不動堂の本尊・丈六不動三尊(国重文)は古来日本一と伝えられている。土方歳三の菩提寺でもある。6月下旬から7月上旬にはアジサイの花が咲く。
リンク  高幡不動尊  日野市  日野市観光協会
【 京王百花園 】 東京都日野市
多くの文人も来訪、歴史ある風雅な庭
多摩丘陵の自然に抱かれた江戸時代からの名園。園内は情緒あふれ、四季の花が美しい。特に樹齢300年以上の寿昌梅をはじめとするは約800本。春の訪れを告げるように園内を彩る。そして、桜、ツツジ、フジ、あじさいなど様々な花が咲く。若山牧水歌碑松尾芭蕉句碑もあり、茅葺き屋根の松連庵や茶室・三檪庵なども風流。梅の見頃は2月から3月中旬。
リンク  京王百花園  日野市  日野市観光協会
【 高尾山 】 東京都八王子市他
山岳信仰で守られた豊かな自然が残る郊外の山
奈良時代に行基によって薬王院が開かれて以来、天狗が棲むという修験道の山として信仰を集めた。そのため、古くから守られてきた自然林が多く、生物も豊富。自然研究路がよく整備され、京王線など交通至便なこともあり春秋を中心に大いに賑わう。山頂は標高599m、ケーブルカーとリフトを利用しての登山なら下車後徒歩約40分。関東平野や富士山、丹沢、奥多摩の山々などが見える。山頂付近には動植物園や遊園地、十三州見晴台などが点在。大阪・箕面まで続く東海自然遊歩道の起点でもある。
リンク  高尾山薬王院  高尾登山電鉄  八王子市  八王子観光協会
【 高尾山薬王寺 】 東京都八王子市
霊山・高尾山の山腹にある真言宗智山派大本山
成田山、川崎大師とともに、関東三山のひとつ。奈良時代の744(天平16)年に聖武天皇の勅願を受け行基菩薩によって開かれた。小田原北条氏の勢力下では、五重塔が建立され、寛永年間(1624〜1644年)には、薬師堂、大日堂、護摩堂、鐘楼堂、仁王門などの堂宇が建立された。幕府は薬王院に代官を置いて管理。杉並木もころ時期に植えられた。
リンク  八王子市  八王子観光協会
【 陣馬山 】 東京都八王子市他
白馬の像が立つ標高857mのなだらかな草原
小田原・北条氏と甲斐・武田氏が陣を争った山とされ、元は陣場山という字が当てられていた。草原が広がる山頂付近は開放感があり、関東平野、富士山、奥多摩の山々などの大パノラマ。白馬の像や茶屋がある。和田峠からの登山道や高尾山からの尾根道など各方面からハイキングコースが整備されている。
リンク  八王子市  八王子観光協会

   
【 鳩ノ巣渓谷 】 東京都奥多摩町
JR鳩ノ巣駅の南側で、深い渓谷が約500m続く。崖下の巨岩を縫うように渓流が流れ、深山の趣がある。国民宿舎近くの吊橋・鳩ノ巣小橋からは渓谷の見事な景観を見ることができる。ここから、上流へ白丸ダム経由で白丸へと遊歩道が整備されており、渓谷を探勝できる。河畔でのキャンプやバーベキューなども人気。
リンク   奥多摩町  奥多摩町観光協会
【 日原鍾乳洞 】にっぱらしょうにゅうどう 東京都奥多摩町
江戸時代から知られる関東屈指の鍾乳洞。全長800mが公開されている。深さが527mあり、洞内は立体迷路のよう。高さ2m程の白衣観音をはじめ、巨大なカエルのようなガマ岩、天井知、金剛杖、連華岩などの鍾乳石や石筍が数多く見られる。水琴窟が設置されており、洞内に快い音が響く。
リンク  日原鍾乳洞  奥多摩町  奥多摩町観光協会
【 奥多摩湖 】 東京都奥多摩町
1957(昭和32)年に完成した小河内ダムでせき止められた周囲約45kmの人造湖。東京の水がめで、満水湖面積約4.3平方km、総貯水量1億8500万立方m。ダムは高さ149m。湖畔には1万本もの桜が植えられ、4月中旬頃に花を咲かせる。湖上には通称ドラムカン橋と呼ばれる浮き橋がある。山々に囲まれた美しい風景。
リンク   奥多摩町  奥多摩町観光協会
【 奥多摩周遊道路 】 東京都奥多摩町・檜原村
奥多摩湖を眼下に望む爽快なドライブコース
秩父多摩甲斐国立公園の風景を楽しめる19.7kmの道路。奥多摩湖や山のふるさと村、檜原都民の森、数馬などの観光スポットを結んでいる。また、月夜見第一駐車場からは奥多摩湖を眼下に周辺の眺望が広がる。最高地点は風張峠で標高1146m。周辺は春の桜や山吹、秋の紅葉などが美しい。
リンク  奥多摩町  奥多摩町観光協会  檜原村  檜原村観光協会
【 払沢の滝 】ほっさわのたき 東京都檜原村
三頭山に源を発するセド沢にかかる滝。4段あわせて落差62m。上の方は深い緑におおわれて見えず、一般に見えるのは落差26m・最下段にある一の滝。滝壺には大蛇が住んでいたという伝説が残る。8月中旬に開催される滝まつりでは、滝がライトアップ好評。駐車場から徒歩約15分。日本の滝百選。
リンク   檜原村  檜原村観光協会
【 秋川渓谷 】 東京都檜原村
多摩川の支流・秋川が形成した渓谷。バーベキュースポットとして人気で、秋川橋河川公園バーベキューランドなど広い河原を利用したバーベキュー場が点在。レンタル用具が揃い手軽に河原でのバーベキューを楽しめる。都心からも近く、週末は多くの観光客で賑わう。
リンク   檜原村  檜原村観光協会
【 神戸岩 】かのといわ 東京都檜原村
北秋川の支流、神戸川の両側にそそり立つ高さ約100m、幅約140mの巨岩。狭いところでは谷底で幅約4m、両岸から巨岩が迫っている奇勝。その間を流れる渓谷は長さ60mで、甌穴も見られる。ロープが付いた散策道が通っている。東京都の天然記念物。
リンク   檜原村  檜原村観光協会
【 檜原都民の森 】ひのはらとみんのもり 東京都檜原村
森の散策や自然の中での体験メニューが楽しい
ブナ原生林が残る三頭山の中腹で、奥多摩周遊道路沿い。標高1000mを超える別天地。入口から徒歩約10分の森林館が拠点施設。森を紹介する映像や写真が展示され、レストランや売店なども。自然観察などの教室が開催され、隣の木材工芸センターでは木工作業ができる。大滝の路コースや三頭山登頂コースなど森林を巡る散策路が充実。動物も数多く、バードウォッチングに最適。
リンク  檜原都民の森  檜原村   檜原村観光協会

 
   
【 三原山 】 東京都大島町(伊豆大島)
世界三大流動性火山に数えられる活火山
島の中央部にそびえ御神火様として昔からあがめられてきた標高758mの活火山。ハワイのキラウエア火山、イタリアのストロンボリ火山と並ぶ流動性火山。内輪山の中心には直径約300mの噴火口がある。外輪山から徒歩約40分で火口のふち。三原山頂口展望台からは、雄大な三原山を見られる。内輪山と外輪山があり、その間は一面の黒い熔岩原と大砂漠地帯。1986(昭和61)年の大噴火の割れ目噴火の跡も。
リンク   大島町  大島観光協会
【 伊豆大島のヤブツバキ 】 東京都大島町(伊豆大島)
伊豆大島に約300万本自生し冬中花が咲く
伊豆大島には約300万本ものヤブツバキが自生する。ほぼ冬中花が見られる程、花期は長い。大島公園の椿園は国内最大級で、約8700本の椿が群生。園内では1月下旬から3月にかけて椿まつりが開催される。また、泉津地区には大島一周道路沿いに椿のトンネルが約100mに渡って続く。
リンク   大島町  大島観光協会
【 筆島 】 東京都大島町(伊豆大島)
海上に突き出した奇岩と断崖の美しい海岸
波浮港の北北東約1.5kmで、高さ200m程の断崖が続く海岸沖。海上に突き出た高さ約30mの岩で、筆の穂先に似ていることが名の由来。「お体根」とも呼ばれ、昔から島民の信仰対象でもある。展望台から筆島や断崖が続く風景を見渡せる。断崖の下は砂浜が続きサーフィンや海水浴などで人気、日本の渚百選。
リンク   大島町  大島観光協会
【 地層切断面 】 東京都大島町(伊豆大島)
大きなバームクーヘンとも呼ばれる地層が露出。元町港から波浮に向かう島一周道路沿いで、高さ約30m、長さ約600mの規模。1953(昭和28)年に道路工事で発見された。三原山の数百回に及ぶ噴火で異なる時代の火山弾や火山灰が約90層も堆積。とてつもなく長い年月によることを思って観察すると感慨もひとしお。近くには伊豆諸島展望台がある。
リンク   大島町  大島観光協会
【 波浮港 】 東京都大島町(伊豆大島)
日本初の流行歌とされる「波浮の港」(野口雨情作詞、中山晋平作曲)などで名高い島南部の港。かつての火口湖が1703(元禄16)年の津波で海とつながり、港口を広げて整備された港。周辺の風景と一体化した詩情豊かな場所。北側の高台・大島一周道路沿いの見晴台からは波浮港を一望、与謝野鉄幹の歌碑などもある。また、波浮には踊り子の里資料館旧甚の丸邸、数多くの文学碑など見どころが点在する。
リンク   大島町  大島観光協会
【 白ママ断層 】 東京都新島村(新島)
新島東南部の海岸にある真っ白い大断崖
新島の南東部にある真っ白な絶壁。高いところでは約250mに及ぶ。海蝕によって露出した火山灰層とされる。海や空の青さと大きな断崖の白さとのコントラストが印象的。全景を見るには海上から船で眺めるのが一般的。砂浜を約30分歩いて断層の下に出ることもできるが、満潮など注意が必要。富士箱根伊豆国立公園特別保護地域。
リンク  新島村(新島)  新島観光協会      
【 神引展望台 】かんびきてんぼうだい 東京都新島村(式根島)
美しい海とリアス式海岸、伊豆諸島屈指の美景
島の最高峰・標高99mの神引山頂の展望台。360度の展望で島全体を見渡せ、美しさは伊豆七島屈指。眼下からエメラルドブルーの海とリアス式海岸が広がり、八丈島以外の伊豆諸島を眺望。伊豆半島や富士山が見える日もある。式根島港から約2kmの入口から約100段の階段。ここから、大浦海岸へ約1.2kmの遊歩道も伸びる。
リンク  新島村 式根支所  式根島観光協会        
【 天上山 】 東京都神津島村(神津島)
黒潮に浮かぶ展望台と呼ばれる島の名山
神津島のほぼ中央、標高574mのトロイデ型死火山。山上は台地状で伊豆諸島や伊豆半島など360度の展望。登山口から約5kmのハイキングコースが延び、砂漠や火口跡、岩稜、千代池など島の山とは思えない特有の景観に出会える。5月下旬から6月にはシマツツジが咲く。多幸湾から見ると美しい海と対称的な「天上山崩れ」という大断崖となっている。
リンク  神津島村  神津島観光協会          
【 赤崎遊歩道 】 東京都神津島村(神津島)
飛び込み台も設置された木組みの遊歩道
島北部の名組湾の海岸沿いに整備された遊歩道。沖の小島まで長さ約500mにわたって岩場の上に木組みの歩道や橋が延びている。美しい入江や海の風景を楽しみながらの散策は格別。足下には透明度の高い海がきらめき、熱帯魚が泳ぐのがわかる。磯に降りる所もいくつかあり、磯遊びや海水浴などを楽しめる。ジャンプ台から飛び込んだり、ダイビングを楽しむ人もいる。
リンク  神津島村  神津島観光協会          
【 南郷巨樹の森 】 東京都御蔵島村(御蔵島)
日本一の大ジイをはじめ巨樹が密集
御蔵島東部、日本一の大ジイなどが生きる森をガイドツアーで訪ねる。美しい巨樹や花、オオミズナギドリの巣穴など豊かな自然を実感できる。シイはブナ科の常緑広葉樹。日本一の大ジイは幹回り13.8mで、周辺に保護の足場が整備されている。日本一の大ジイまでは都道の終点・南郷集落跡から探勝道を徒歩約40分、探検は要ガイドでツアーは所要約3時間30分。
リンク  御蔵島村  御蔵島観光協会          
【 鈴原湿原 】 東京都御蔵島村(御蔵島)
ミクラコザサが群生する御山中腹の湿原
御蔵島最高峰・御山(標高851m)の中腹に広がる草原状の湿原。ミクラコザサが広がり、モンセンゴケ、サクユリなど様々な植物を観察できる。広々とした雰囲気で、好天なら三宅島も展望できる。車で約30分、下車後徒歩約40分、要ガイド。湿原の中央に木道が整備されている。さらに進むと、ミクラコザサの大草原や小美代などの池、御山などにも行くことができる。
リンク  御蔵島村  御蔵島観光協会          
【 御代ヶ池 】 東京都御蔵島村(御蔵島)
御蔵島の深い原生林に佇む美しい景観
照葉樹の原生林に囲まれた神秘的な池。標高542mの高所にあり、周囲は約400m。溶岩による堰止め湖とされる。背景には御山がそびえ全体が独特な雰囲気。周辺の原生林には国内最大級のツゲなど巨木も多い。車で約30分の「御代ヶ池入口」から徒歩約30分、要ガイド。途中も巨木やシダ類など自然を楽しめる。また、長滝山頂付近から海を背景に断崖上に池がある風景を望める。
リンク  御蔵島村  御蔵島観光協会          
【 イルカウォッチング 】 東京都御蔵島村(御蔵島)
国内屈指の生息地で野生イルカに出会う
断崖の島・御蔵島は、深海や多雨による流水などイルカにとって好環境。島周辺で年中暮らせ、常に数百頭のイルカが生息している。沿岸近くにも多くが生息しており、出会えるチャンスが高い。船でのイルカウォッチングをはじめ、シュノーケリングや浮き輪などで一緒に泳げるチャンスもある。マナーを守って貴重な体験を。また、桟橋からもイルカを見えることがある。
リンク  御蔵島村  御蔵島観光協会          
【 八丈植物公園 】 東京都八丈町(八丈島)
南国ムードいっぱい、開放感抜群の自然園
空港南側に隣接する約22haの広大な公園。「八丈の森」、「日本の森」、「世界の森」、「園地」など8ゾーン。熔岩原に生えた草木や世界の熱帯・亜熱帯植物、ハイビスカス、ブーゲンブリアなどの花が美しく、温室や動物舎、バードサンクチュアリ、展望台、八丈ビジターセンターなどがある。園路は赤い砂利で、八丈富士、八丈小島、三原山などが見える。
リンク  八丈ビジターセンター  八丈町  八丈町観光協会    
【 大坂トンネル展望台 】 東京都八丈町(八丈島)
八丈富士や八丈小島など素晴らしい眺望
大賀郷と樫立の間にある全長151mの大坂トンネル北口、大賀郷側。雄大にそびえる八丈富士や青くきらめく海に浮かぶ八丈小島、南原千畳岩海岸、八重根港、横間浦などの美しい風景が広がる。特に夕景が素晴らしく、「大坂の夕景」として八丈八景のひとつ。トンネル手前に駐車場と展望台が整備され、刻々と変化する風景美をじっくり眺めることができる。
リンク   八丈町  八丈町観光協会    
【 ふれあい牧場 】 東京都八丈町(八丈島)
八丈富士7合目、絶景広がるのどかな牧場
八丈富士中腹の草原に牛が放牧されている。正面に三原山を望み、遊歩道先端の展望台は標高520m、島中心部を眼下に三原山や広い海原など素晴らしい風景が広がる。また、島の強風を活用し場内に電力を供給する風力発電機が建つ。休憩舎では牧場の資料が展示され、八丈島牛乳の販売もある。
リンク   八丈町  八丈町観光協会    
【 登竜峠 】のぼりょうとうげ 東京都八丈町(八丈島)
夕刻に八丈富士が浮かび上がる展望地
島の東部、三根から末吉へ向かう都道が三原山の山麓を登りつめたところ。標高は約400mあり、雄大な風景が広がる。曲がりくねった坂道が天に登る龍のようで名付けられた。展望台からは眼下に底土港や三根の町、正面には八丈富士と八丈小島、天気に恵まれると三宅島や御蔵島まで見渡せる。島の両側に真っ青な大海原が広がり爽快な眺め。
リンク   八丈町  八丈町観光協会    
【 南原千畳岩海岸 】 東京都八丈町(八丈島)
八丈小島を望む黒い溶岩原が広がる海岸
海岸沿いに黒い玄武岩が長さ約500m、幅約100mの規模で広がる奇景。八丈富士の噴火で形成された。正面に八丈小島を望み、反対側は裾野も美しい八丈富士。黒い岩と岩にぶつかる真っ白い波、青い海。色のコントラストが印象的。縄目状になった岩や柱状節理も見ることができる。南原園地が整備されている。磯釣りのポイントとしても人気が高い。
リンク   八丈町  八丈町観光協会    
【 名古展望台 】 東京都八丈町(八丈島)
高さ180mの断崖上から迫力ある海岸線
島の南東、洞輪沢(ホラワザワ)港の断崖上を通る都道沿いの展望台。眼下の洞輪沢港小岩戸ケ鼻の断崖海岸の迫力ある風景を楽しめる。天気が良ければ海上に青ヶ島が浮かぶ。断崖の途中には溶岩下の地下水が湧出する名古の滝がある。周辺はソテツやビロウが茂る広い園地。名月観賞地で「名古の秋月」として八丈八景。
リンク   八丈町  八丈町観光協会    
【 玉石垣の道 】 東京都八丈町(八丈島)
波で角が削られた丸い玉石で造られた美しい石垣群。台風の影響を受けやすい土地柄、暴風雨を防ぐ役割を果たしている。陣屋(旧島役所)があった大里地区に多く、歴史民俗資料館からの馬路散策路を歩くと独特な風景が続く。石垣の上などにはハイビスカスやアロエが咲いていることも。陣屋跡の石垣はよく見ると多少反っている。海側を振り向くと、八丈小島が背景となる。
リンク   八丈町  八丈町観光協会    
【 八形山フリージア畑 】 東京都八丈町(八丈島)
八丈富士を背景に色鮮やかな花畑
春先に島内各地でフリージアが咲く。空港近くの大賀郷では、八形山フリージア畑に約35万本の花々が咲く。八丈富士を背景に様々な色の花畑が広がりとても鮮やか。期間中はフリージア祭りが開催され、花の無料つみ取り、八丈太鼓など多彩な催しが実施される。まつりは3月下旬から4月上旬。
リンク   八丈町  八丈町観光協会    
【 長崎展望台 】 東京都小笠原村(父島)
流れの速い真っ青な海、兄島瀬戸の絶景地
父島北部、兄島との海峡を望む断崖上の展望台。息をのむほどの青い海、大潮の時は特に流れが速い。真下の海を覗くと珊瑚礁も見える。素晴らしい風景の中で受ける風が気持ちいい。ここから宮の浜へと遊歩道が整備されている。二見港から車で約10分、下車後徒歩約1分。
リンク  小笠原村  小笠原村観光協会 
【 三日月山展望台 】 東京都小笠原村(父島)
海に沈む夕日の名所でホエールウォッチングも
大村の北側にそびえる山で、標高227m。山頂の西南に展望台があり、父島西側の海を広く見渡せ、大海原に沈む夕日が素晴らしい。2月から4月にかけては、ザトウクジラが姿を見せることも。気象庁気象観測ドームが隣接するため、ウェザーステーションとも呼ばれる。二見港から車で約8分、徒歩なら約30分。
リンク  小笠原村  小笠原村観光協会                          
【 ジョンビーチ 】 東京都小笠原村(父島)
父島の南部、二見港から車で約20分の小港海岸から、亜熱帯植物の中を徒歩約1時間20分。石灰岩地帯で白い砂浜が目に飛び込んでくる。南島も見える。ビーチには砂が固まったビーチロックがあり、背後は急峻な岩山。周辺の海は海中公園に指定されている。上り下りが続く道を頑張って歩いた分、感動も大きい。施設はないが泳ぐことはできる。
リンク  小笠原村  小笠原村観光協会                          
【 ジニービーチ 】 東京都小笠原村(父島)
ジョンビーチから丘を越えると、さらに美しいビーチが広がる。目の覚めるような真っ白い砂浜。海をはさんで南島はすぐそこ。長い時間歩いた人のみ出会える極上の風景で、感動もひとしお。丘の向こうは急な斜面でビーチに降りるのは注意が必要。二見港から車で約20分の小港海岸から徒歩約1時間40分。
リンク  小笠原村  小笠原村観光協会                          
【 ホエールウォッチング 】 東京都小笠原村
巨大なザトウクジラが迫力の大ジャンプ
小笠原海域はザトウクジラの繁殖地。12月中旬から4月にかけて北の海からやってくる。ウォッチングに適した時期は2〜4月。クジラが巨体を回転させ空中へ大ジャンプを見せる豪快なブリーチングや潮吹き、尾ひれで海面を叩くフルークスラップなどのアクションを見るチャンス。高倍率の双眼鏡で父島の三日月山山頂展望台などから見たり、ウォッチング船を利用する。父島の二見港、母島の沖港から出航。船からはイルカウォッチングも。
リンク  小笠原ホエールウォッチング協会  小笠原村  小笠原村観光協会 
【 南島 】 東京都小笠原村(南島)
扇池やサンゴ、カツオドリなど魅力の別世界
父島の南西約1km、石灰岩で形成された珍しい沈水カルスト地形の島。小笠原随一の景勝地・扇池は、真っ白な砂浜とカルストの洞門越しに外洋とつながるエメラルドグリーンの池。なんと、このきれいな海で海水浴もできる。※自然回復のため立ち入り禁止期間あり。
リンク  小笠原村  小笠原村観光協会                          



都区内エリア 杉並区


おでかけ観光ガイド(日本の旅ドットコム)TOP 関東地方