おでかけ観光ガイド(日本の旅ドットコム)TOP 東海地方 静岡県 伊豆エリア


熱海おでかけ観光ガイド




熱海温泉全景写真
熱海温泉
国内最大級の温泉街
 奈良時代以前に発見されたといわれる歴史があり、江戸時代には温泉を御汲湯として将軍に献上。貫一・お宮で知られる尾崎紅葉の金色夜叉をはじめとする文学小説でも名が広まった。
熱海夜景の写真 東海道線、東海道新幹線が通じ飛躍的に発展。海を眺める斜面に高層旅館が林立、国内最大級の温泉地となった。伊豆半島の玄関口で、観光資源も豊富。泉質は単純泉または食塩泉。
熱海温泉ホテル旅館協同組合HPへ
伊豆山温泉旅館組合HPへ
伊豆湯河原温泉旅館協同組合・観光協会HPへ
南熱海多賀観光協会HPへ


伊豆山神社
伊豆の地名発祥の地
 源頼朝が源氏の再興を祈願したことでも知られ、ここで北条政子が出会いを果たしたことから、縁結びの神様としても名高い。標高170mの場所にあり、相模灘を一望。自然につつまれた環境。
 4月14〜16日は例大祭が行われる。
伊豆山神社HPへ


走り湯の写真
走り湯
日本最古の横穴式源
 伊豆山温泉にある珍しい横穴式源泉。奥行きは約8mで中に入ることができ、毎分約171リットルの湯が湧出している。1200年以上前から湧いており、昔は今より勢い良く海岸に走るが如く吹き出していた様が名の由来となった。入口向かいに小さな走り湯資料館(入場無料)が開設されている。また、洞窟の上には走湯神社が祀られている。
走り湯おでかけ観光ガイドへ


大湯間歇泉の写真
大湯間歇泉
古来からの間欠泉
 かっては相当量の噴出量があった間欠泉。徳川家康がこの湯を江戸へ運ばせた故事もあり、2月には「湯汲み式」がある。関東大震災で噴出は止まり、現在は人工的に噴出。
市外電話創始の地
公衆用市外通話の発祥地
 白い八角形をした電話ボックス。グラハム(アメリカ)の電話発明から13年後の1889(明治22)年、この地にあった内務省「きゅうき館」と東京電信局の間で公衆用市外通話が行われた。大湯間欠泉脇にあり、「市外電話創始の地の碑」が立っている。


湯前神社も写真
湯前神社 ゆぜんじんじゃ
手水は温泉 歴史ある湯治の神
 温泉の神・少彦名神を祀っている。749(天平勝宝元)年に里人が祠を建てたと伝わる古社。源頼朝などからも信奉され、湯治の神として名が広まった。徳川家康も社殿前の大湯に湯治で訪れた。


小沢の湯の写真
小沢の湯
自分で温泉卵をつくれる
 ここが「熱海七湯」のひとつで、街角に熱蒸気が吹き出している。温泉卵を自分で蒸すこともできる。






戸田幸四郎絵本美術館HPへ

伊豆山郷土資料館(熱海市HP)へ

初島アドベンチャーSARUTOBI HPへ

ベルクルーズあたみHPへ

熱海マリーナHPへ

熱海港海釣り施設HPへ

海上釣堀 大公望HPへ






初島から見た熱海と富士山の写真
初島から見た熱海と富士山
初島 はつしま
熱海の沖合に浮かぶ島
 熱海の沖合に浮かぶ周囲約4kmの離島。ダイビングや釣り、散策などを楽しめる。
 初島灯台は、全国15番目の見学できる参観灯台。国内で唯一外側に螺旋階段があり、上からは相模湾や伊豆半島、熱海越しの富士山などの風景を見ることができる。
 初島周遊道は徒歩約50分で1周できる。松林には、水仙やつわぶきなどが咲く。
初島区事業協同組合HPへ
熱海梅園の写真
熱海梅園
早咲きの老木約730本の名園
 1886(明治19)年に開設された歴史ある梅園。
 重寒紅や冬至梅など、極早咲きの品種が多いため、12月には咲き始め1月末に満開となる。日本一の早咲きと言われる程で、早春の風景を早く感じることができる。
 記念碑や句碑も点在、中山晋平記念館や韓国庭園、梅見の滝などのスポットも。開花時期には、食事処や土産物店が並び、賑やかになる。
熱海梅園梅まつりHPへ


澤田政廣記念美術館HPへ
木彫りの彫刻などの作品を展示
 熱海出身で文化勲章受章の彫刻家・澤田政廣(せいこう)の作品などが展示されている。木彫などの作品をケースなどの中ではない状態で鑑賞できる。熱海梅園に隣接。


十国峠ケーブルカーの写真
十国峠
10の国を見渡せる展望地
 標高770m、熱海峠と箱根峠のほぼ中間に位置する。頂まで十国峠ケーブルカーが通じ、手軽に風景を堪能できる。
 見渡せる十国とは、常陸、下総、上総、安房、武蔵、甲斐、遠江、駿河、相模、伊豆。また、海上には大島、新島、神津島、三宅島、式根島も。
箱根十国峠ケーブルカーHPへ


姫の沢公園
つつじなど多彩な花名所
 温泉街から十国峠へ向かう途中の山腹に広がる広大な自然公園。四季折々の花がきれいで、特に7万5千株ものつつじが園内を鮮やかに彩り、「姫の沢公園花まつり」が開催される。
 他の代表的な花は、春の桜、シャクナゲ、夏はアジサイ、スイレン、秋は紅葉、冬はサザンカ、スイセン。
 アスレチックや陶芸、キャンプなども楽しめる。日本の都市公園100選。
姫の沢公園HPへ


MOA美術館
国宝3点など数々の優品を収蔵
 美術品に対する信念から優品の蒐集に努めた創立者・岡田茂吉が名の由来、Mokichi Okada Association。創立者生誕百年の1982(昭和57)年に現在の美術館となった。
 尾形光琳紅白梅図屏風」、野々村仁清色絵藤花文茶壷」、手鑑翰墨城」の3点は国宝。国の重要文化財は65点を数える。クロードモネ睡蓮」や秀吉金の茶室」なども見逃せない。
 メインロビーからは、相模灘など180度の展望が広がる。
MOA美術館HPへ


来宮神社の写真
来宮神社 きのみやじんじゃ
古来より信仰 大楠は全国屈指
 古来より来福・縁起の神として信仰され、全国四十四社のキノミヤジンジャの総社。
 ご神木「大楠」は樹齢2,000年超、樹高約20m、幹周り約24mで、国の天然記念物。平成4年度には全国2位の巨樹に認定された。
 こがし祭とも呼ばれる例祭は7月15日。
来宮神社HPへ
来宮神社おでかけ観光ガイドへ


あたみ桜
熱海各地を彩る早春の花
 日本一の早咲きの桜として知られる。熱海の中心地・銀座町から糸川河口部までの300mの遊歩道沿いに24本の桜が植えられ、1月下旬から2月中旬頃に訪れる人の目を楽しませてくれる。時期に合わせて「桜まつり」が開催される。
 海浜公園、梅園前市道、姫の沢公園など市内各地で見ることができる。
あたみ桜おでかけ観光ガイドへ


芸妓見番 げいぎけんばん
素敵な芸者の舞 伝統文化
 全国屈指の芸者街・熱海の芸妓衆が稽古をする場で、建物は1954(昭和29)年築。当時は東海一の芸妓組合と言われた。
 毎週土日には「湯めまちをどり華の舞」、4月28・29日には「熱海をどり」が開演される。
 市役所南側の初川沿い。
芸妓見番HPへ


起雲閣の写真
起雲閣 きうんかく
大正浪漫 風情を感じる名邸
 1919(大正8)年に船舶王・内田信也の別荘として築かれ、後に鉄道王・根津嘉一郎の別荘となった。戦後は旅館として、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治など多くの文豪に愛された。
 現在は博物館として公開されている。応接室「玉渓」は、根津別荘時代に築かれたもの。季節ごとに花が咲く緑豊かな庭も見事。
起雲閣HPへ
お宮の松の写真
お宮の松・寛一お宮の像
古くから熱海の代表的名所
 海岸を通る国道135号沿い海側にある。
 初代は「羽衣の松」と呼ばれたが、1919(大正8)年に「金色夜叉」を記念して尾崎紅葉の弟子・小栗風葉の句碑を建立した頃から「お宮の松」と呼ばれるようになった。現在の松は2代目。
 小説「金色夜叉」の主人公である貫一・お宮の銅像は1986(昭和61)年に建立された。
お宮の松おでかけ観光ガイドへ


熱海サンビーチの写真
熱海サンビーチ
リゾート気分の人工ビーチ
温泉街の海岸線に続く長さ約400m、奥行き約60mの人工ビーチ。宿泊施設から手軽に訪れることができ、リゾート気分あふれる雰囲気。
 また夜は、ライトアッププロデューサー・石井幹子氏の仕掛けた砂浜ライトアップで幻想的な風景を醸し出す。(海上花火大会の日はなし)


熱海海上花火大会の写真
熱海海上花火大会
湾内いっぱい空中ナイアガラ
 1952(昭和27)年から開催され、現在では1年を通じ15回程開催。旅館・ホテルなどが並ぶ急斜面が3方を囲むため花火の轟音が大反響。フィナーレは打上げ花火が湾内いっぱい銀色に降りそそぐ「大空中ナイアガラ」。
熱海海上花火大会HPへ


熱海城の写真
熱海城
温泉街や相模灘の大パノラマ
 錦ヶ浦山頂にあり熱海全景や相模灘などを一望。天守閣展望台は地上43m、海抜160m。1959(昭和34)年築城。
 日本城郭資料館武家文化資料館浮世絵秘画館などがあり、多くの資料が展示されている。
熱海城HPへ


熱海トリックアート迷宮館
立体に見える不思議な平面画
 人間の目の錯覚をうまく利用し、立体的に見える不思議なアートの数々。見るだけではなく、触れたり写真を撮ったりもできる。熱海城に隣接。
熱海トリックアート美術館HPへ


アタミロープウェイの写真
アタミロープウェイ
展望広がる八幡山山頂へ
 山麓駅から約3分で山頂。熱海温泉を広く望め、天気次第では初島、伊豆大島なども見渡せる。
 山頂テラスには「あいじょう岬」、山頂駅横には大人のテーマパーク「熱海秘宝館」などがある。
 また、熱海城へは山頂駅から徒歩約3分。
アタミロープウェイHPへ
熱海秘宝館HPへ


錦ヶ浦
温泉街南方の断崖絶壁海岸
 熱海温泉街南方の魚見崎から続く断崖海岸。高さは約80mに及び、奇岩や洞穴などもある。10〜3月には海鵜が飛来。源頼朝や加藤清正などに由来する伝説も残る。錦浦遊歩道(パノラマロード)でダイナミックな風景を楽しめる。
 魚見崎を貫く1909(明治42)年竣工、長さ113mの観魚洞隧道は国の登録有形文化財
錦ヶ浦(アカオリゾートHP)へ
錦ヶ浦おでかけ観光ガイドへ


アカオ ハーブ&ローズガーデン
眺望広がる広大な花の楽園
 錦ヶ浦の地形を活用した標高差230m、約20万坪の広大な敷地。
 イタリア式庭園「ハーブガーデン」、英国調の「オールドローズガーデン」、日本庭園「天翔」など、ハーブとバラが美しい12の庭園。ガイド付きのシャトルバスが園内を巡る。
 体験ハーブ工房やイタリアンレストラン、ハーブハウス、ローズハウス、ティーテラス、ガーデニングショップなどの施設が揃う。






あたみ桜の写真



熱海温泉の写真


おでかけ観光ガイド(日本の旅ドットコム)TOP 東海地方 静岡県 伊豆エリア